一般企業の定年後薬剤師の求人

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 一般企業の定年後薬剤師の求人

一般企業の定年後薬剤師の求人

一般企業で働いてきた薬剤師というのは、よく見かける薬を処方する薬剤師とはまた少し違います。その会社で扱って在庫を保管している薬がある場合、それを管理をする薬剤師をつけるように定められているので、その管理をする薬剤師として勤めることになります。

また、治験コーディネーターなども薬剤師ではなく元看護師などでもできるものですが、薬を使った治験であれば薬剤師経験が役に立ってくれるので、定年後も必要だと思ってもらえれば再雇用の話ももらえるでしょう。まだまだ一般企業で働く薬剤師というのは少ないので、少人数でまわすというような勤務形態になるでしょう。

一般企業の場合は定年後の薬剤師を募集することはあまりありません。ただ、一般的な求人情報などを見ていては見つかりませんが、薬剤師専門の転職エージェントなどを探してみると、たまに一般企業のものもあります。募集人数は少ないので倍率は高くなってしまいますが、定年後の人材のみを募集しているという場合は、みんな同じような年齢なので採用される可能性があります。

どうしても将来を考えて若い薬剤師を雇おうと考える一般企業は多いですが、経験を積んでいたほうが薬に対して詳しいですし、理想だと思います。定年後となると少し遅すぎる感じもありますが、せっかくの薬剤師人生ですから、やりたかった薬剤師としての仕事に携ってみるため、定年後でも新たな仕事に挑戦できるチャンスがある求人を探してみましょう。一般企業は薬剤師としては少し変わった仕事をすることになります。企業によっても仕事内容が違うので、内容までしっかりと見てから求人への応募をしましょう。一般企業なら基本は土日休み、そして祝日も休みになったり、勤務時間も安定しているところも多いので定年後も働きやすいです。治験コーディネーターなどは、打ち合わせがあるときや実際に治験をするときだけ、なんていう勤務形態もあるので、定年後の仕事としてスポットで入るような形です。こういった自由な働き方を選択できるのは、定年したからこそです。

転職サイトには膨大な量の求人があります。薬剤師に絞るだけでも全国で探せばかなりの量です。地域で絞ったとしても、まだ迷うぐらいにあります。一般企業は仕事内容をチェックするのに時間がかかってしまいます。その中で自分にマッチをするものを探すのは辛いので、相談をして自分に合いそうなものを紹介してもらうというような流れの方がスムーズです。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.