定年後の薬剤師が重宝されるワケとは

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 定年後の薬剤師が重宝されるワケとは

定年後の薬剤師が重宝されるワケとは

定年後の薬剤師が実は今、とても重宝されているといわれています。これは薬剤師を含む専門職に限ったことで、定年後は普通は再就職をしたいと思っても出来ない中、とってもありがたいことです。なぜ定年後の薬剤師が重宝されているのか、というのはやはり圧倒的な薬への知識の量が役立ちます。色々な場所で薬剤師は働いていますが、大事な基礎は薬の知識。まだ若い薬剤師はどれだけフレッシュで頑張る気があるにしても、経験でしかわからないようなことはたくさんあります。

若い薬剤師が求められる場所もあれば、定年後の薬剤師が求められる場所もある。そして定年後の薬剤師から若い薬剤師に対して指導して成長させていけるというのを望んでいる職場もあるのです。定年後の薬剤師は、まずドラッグストアや調剤薬局といった場所で薬への深い知識を元に患者さんの不安をなくすために話を聞いたり、的確な指導で安心感を与えるといった役目ができます。若い薬剤師の場合は薬の効能は知っていても、経験が不足していて患者さんへ的確に指導ができないこともあるでしょう。

またドラッグストアでも同様です。ドラッグストアの場合は市販の薬を買い求めに来た人が質問をしたり症状に合わせて薬を探してあげる仕事です。症状だけ聞かされて薬を提案しなくてはならないので、今まで経験がある定年薬剤師の方が実はとても仕事ができるのです。これは全て経験がものをいう仕事内容です。

一般企業で勤めていた、製薬会社で勤めていた場合でも、薬剤師としてもう一度働くことはできないかもしれませんが、時に意見を求められることがあったり、少しだけ会社のために働いたりと定年後の知識を求めている会社へ力を貸す、といったこともできますし、求められることが多いです。もちろんそれも非常勤として報酬を受け取れる仕事であるのです。

定年後は経験が自分の財産。これから新たなものを吸収する年代ではないですが、昔から培ってきた経験や知恵を発揮するには十分すぎる人生経験です。若いころがむしゃらに働いた経験が生きるときが定年後。自分が働くという時代は終わったのですが、その後は指導側として位置づけられるようになります。その経験を若い薬剤師に受け継いで、成長させるというのも定年後の仕事のひとつです。薬剤師としての経験を活かして、もう一度働ける場所を探してみてはどうでしょうか。

今まで働いてきた場所で活かすのもいいですし、また新たな場所で自分の経験を存分に使っていくのも一つの働き方です。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.