薬剤師が定年後に全く違う職に就くケースはある?

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師が定年後に全く違う職に就くケースはある?

薬剤師が定年後に全く違う職に就くケースはある?

薬剤師であっても病院や調剤薬局によっては60歳で定年退職することがあります。しかしまだまだ働く体力も気力もある場合、薬剤師として転職することを希望するケースが多くみられます。60歳を過ぎてから転職を希望する場合、異業種に転職することも可能でしょうか。

結論から言うと、異業種への転職は不可能ではありません。しかし転職希望先によっては難しいと言えます。定年までの長い間、薬剤師として働いてきた経験や知識は素晴らしいものです。しかし転職した場合、前職と同じ業務をするとは限りませんし、同じ業務でも方法や手順は異なることが多々あります。異業種への転職した場合は、さらに新しい事柄を一から学び実践する必要があります。また病院や製薬会社などの場合は大抵、年齢制限があるため定年後に転職することは不可能になってしまいます。

しかし、人材不足が続く薬剤師なので転職先を選べば異業種であっても転職することは可能です。代表的な転職先は調剤薬局です。特に地方都市などにある個人経営や小規模経営の調剤薬局では積極的に採用してもらえる傾向があります。理由としては都市部よりも薬剤師不足が深刻であることや、長年の経験を持つ薬剤師がいることで患者さんや地域からの信頼向上につながると思われます。

調剤薬局が併設されているドラックストアへの転職も可能です。最近ではOTC販売を任せられる薬剤師も多くなっています。ドラックストアの場合は調剤薬局に比べると、業務内容が多岐にわたる傾向があり体力的にもハードな仕事です。またコミュニケーション能力が必要とされる業種でもあるため、定年後に転職を考える場合は自分の体力や能力と相談する必要があります。

その他にも、薬剤師免許をもっていることで転職できる業種もあります。物流センターなどで倉庫管理や製造管理をする物流薬剤師などはこれに当たります。調剤業務や服薬指導などのいわゆる薬剤師としての業務内容はほぼない業種です。倉庫内にある医薬品や化粧品の在庫管理を行い、適正な方法でドラックストアや薬局の各店舗へ配送されるかを管理するのが主な業務になります。残業もなくマイカー通勤が可能な職場がほとんどであるため、体力的にも無理なく続けることができる転職先といえます。

このように、転職先を選ぶならば異業種であっても定年後に転職することは可能です。長年薬剤師として勤務してきたプライドや実績はありますが、転職先では謙虚に柔軟性を持って勤務することが大切なポイントになりそうです。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.