定年後の薬剤師の再就職は可能?

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 定年後薬剤師の派遣・契約社員の求人

定年後薬剤師の派遣・契約社員の求人

一般企業での定年退職は60歳、もしくは65歳です。薬剤師の場合は勤務先にもよりますが、たいていは60歳で定年退職になる職場が多いようです。勿論、個人経営の調剤薬局などでは65歳を過ぎてもバリバリ現役で働いておられる薬剤師もいます。

60歳を過ぎてからの再就職は難しいという見方が一般的ですが、昨今の薬剤師不足のために定年後に再就職をする薬剤師も少なくありません。転職先も少なくはないため、勤務先や収入面でのこだわりがなければそれほど難しくはありません。それまでは正社員として働いてこられた薬剤師がほとんどですが、60歳を過ぎてからの転職の場合は正社員として働くよりも派遣薬剤師として働ける職場を選ぶ方が良いかもしれません。

定年退職後の薬剤師が選ぶ転職先で一番多いのは調剤薬局です。特に地方都市であれば高収入も可能な求人を見つけることができます。また定年退職まで調剤薬局で働いてきた経験があれば有利に転職を進めることができます。

調剤薬局の次に求人募集が多いのはドラックストアでのOTC販売に関わるものです。ドラックストアの場合、年中無休の店舗がほとんどであり残業時間なども多いため、体力的に厳しく感じる薬剤師もいます。そのため派遣薬剤師として働くことで、自分の体力や生活ペースに合わせて勤務シフトを作ることもできます。

定年退職前までは調剤薬局の管理薬剤師など、役職に就くことで収入面も多少優遇されていた部分があるかもしれませんが、退職後の転職の場合は収入面で5割から7割程度まで下がることを覚悟する必要があります。年収平均は約300万円から500万円程度が相場になっています。

長年の薬剤師としてのキャリアやプライドがあるかもしれませんが、定年後の転職を成功させるためには謙虚さや新たな職場の仲間との協調性が求められます。キャリアはあっても転職先では新入社員であり、新たな職場の方法に慣れる必要があります。そのためにはプライドを犠牲にする必要もあります。また新たな仕事や手順に慣れるためには協調性や柔軟性も求められることもあります。

長年薬剤師として働いてきた、貴重な経験や知識があることは確かです。その経験を上手に生かすことで新たな職場でも生き生きとやりがいを持って働いている定年後の薬剤師も多くいます。自分よりも年下の上司や同僚と仲良くなっていくのは決して簡単な事ではありませんが、謙虚な態度で接することで協調性を持って働くことができます。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.