定年後の薬剤師の平均年収は?

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 定年後の薬剤師の平均年収は?

定年後の薬剤師の平均年収は?

定年をしたといっても、まだバリバリ働ける体力も残っているという場合は、家にいるよりもまだ働きたい、と思う人が多く、そういった場合には再就職を考えるでしょう。特に資格のあるような仕事、薬剤師などは再就職をしてまだ薬剤師として頑張りたいと思うものです。慣れた仕事だけに定年後も続けやすいのです。一度定年をした以上はそこから再就職という形になります。年齢とともに上がっていた収入だとは思いますが、定年後は一気にガクッと下がってしまう覚悟はしておいてください。

やはり定年後の薬剤師というのは、定年前でバリバリ働く薬剤師とはそういった面でも区別をされることになります。今まで頑張ってきてもらっていた給料と比べると物足りないかもしれませんが、再就職ができることだけでもいいことだと割り切ってください。おおよそ定年後に再就職をした薬剤師がもらえる平均収入というのは、大体新卒ぐらいのものです。年収300万円から500万円といったところでしょうか。定年前と比べるとかなり減るのは当然です。とはいえ、交渉次第ではそこまで下がらずに済む場合もあります。

それは今までの経験があるからこその待遇です。定年後の薬剤師として職場でどのポジションで働くことになるか、でも変わってきます。給料の交渉というのも、実は転職のエージェントでやってもらうことができます。自分で求人を見つけて自分で応募をして、その後面接に行くという流れだけだと、自分で給料について切り出すのは正直難しいです。そんなことをいきなり言い出す人を雇いたいとは思わないでしょう。でも転職エージェントからいい人がいるから…という話で給料の交渉をしてもらうのであれば、まだ可能性があります。

評判のいい転職サイトを使って薬剤師の定年後の転職を実現させましょう。もちろん給料の面でも納得のいく評価が欲しいということであれば、そういった交渉術が充実している大きくて有名な、やり手のエージェントを探してみてください。現役を引退している身として自分を捉えなくてはいけないので、あまり収入にこだわって定年後も働くという人は少ないとは思いますが、新卒と同じではやはりプライドが傷つきます。薬剤師という資格を取得して今まで頑張ってきたことは何だったのかという気持ちになるのは当然です。経歴に何十年と差があるのに、同じ評価では働きたいというという気持ちも減ってしまいます。全て条件どおりというのはさすがに無理がありますし、要望が通る確率は低いと思いますが、ある程度希望を汲んで考えてもらえるように交渉してもらうといいでしょう。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.