定年後の薬剤師の仕事内容

定年後薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 定年後の薬剤師の仕事内容

定年後の薬剤師の仕事内容

定年後に薬剤師として職場へ復帰する場合は、どのような仕事内容が多いでしょうか。定年後は大きな病院というよりは、地域に密着しているような調剤薬局が職場としては理想です。大きな病院の場合は土日関係なく働かなくてはいけなくなってしまったり、夜勤もあるなど体力的に辛い仕事もたくさんあります。若い時はできていたという人でも、定年を迎えてからもう一度その職場に勤務したいという薬剤師はあまりいませんし、病院側も定年後の薬剤師を受け入れていないことが多いです。

また、製薬会社も難しいでしょう。元々若い年代でも製薬会社で薬剤師として仕事が出来る割合は少なく、薬剤師の中ではエリートである製薬会社勤務です。定年前に製薬会社で働いていたとしても、復帰するのは難しいでしょう。働きたいという希望を持った若い人材が豊富にいるので、定年後の薬剤師は再就職が難しい状況です。

そうやって考えると、やはり調剤薬局、もしくはドラッグストアが基本となるでしょう。調剤薬局は地域に密着をしている場合はとてもアットホームで、定年後でも働きやすい環境を整えてくれています。正社員で再就職というわけにはいかないにしても、パートや非常勤などで常に人手不足の薬剤師を補いたいと考えているため、定年後でも大歓迎してくれます。やはり働くなら歓迎してくれるところが一番。自分の時間もある程度定年後は持って暮らしていきたいでしょうから、そういう意味でも調剤薬局なら安心して働けます。

ドラッグストアでも医薬品を扱っている以上は薬剤師が必要です。ただ若い人材はなかなかドラッグストアで働こうという気持ちがなく、定年後の薬剤師が再就職をする場所の定番になりつつあります。若い薬剤師とともに定年後の薬剤師を迎え入れるというドラッグストアも多いです。若い人はまだこれから新しい知識を得て成長していきますし、定年後なら今までの経験を活かして困っている患者さんの相談に乗ったり豊富な経験でいい薬を探してくれるという役割分担のような形で同時に雇うこともあります。

まだ働ける場所がたくさんある、これは薬剤師という資格があって、定年まで頑張ってきた経歴があるからこそ実現することです。まだ頑張りたいという気持ちはわかりますが、定年前と同じような職場を求めるというよりは、定年後だからこそ出来る仕事をこなす、その方が自分にとっても社会にとっても一番ちょうどいいことではないでしょうか。

定年後の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 定年後の求人をお探しの薬剤師の方へ All Rights Reserved.